phpプログラマーは、どういった仕事をしているのかと気になり調べてみました。
調べた結果、一番多いのは派遣やアルバイト形態の仕事でした。
中には、社員としての起用も見かけました。それと、ごくごく一部ではあるものの、フリーランスで生計を立てている方もいらっしゃるようです。
正社員やフリーランスで仕事をしている人に共通しているのは、使えるのものがphpだけではないということです。
これはあたり前のことですが、使えるプログラムがphpで偏っているよりは、C言語やjavaを扱える方が、できることの幅も広がり、潰しが効きやすくなります。

もともとphp自体がC言語からの派生ですので、少なくともC言語だけでも使えるようになっていた方が就職に有利かと思います。
さらに、資格も一つのステータスではあるのですが、資格は所詮資格ですので、現場で必要な経験をしっかりと積むことが大事かと思います。
転職を考えるにしても、phpを含む他の言語での実績作りも入念にしておかないと、なかなか難しいところではないでしょうか。
phpに限ってしまえば、自分のHPを作成し、それを相手側に見せるのが、一番手っ取り早く確実な実績といえるかと思います。
その際に、サーバー管理の知識などもあれば、企業側にとっても簡単に切れる存在ではないことをアピールできますし、手当もいくらかあるかと思います。

仕事をする上で大事なことは、phpに拘らず色々なプログラミング言語に精通していく事と経験が、現場にとって一番重要な案件といえるでしょう。
何にしても求人は色々ありますし、在宅での仕事も可能なことがITにとっての強みです。
知識をたくさんインプットしていき、アウトプットをしていけば、いい仕事にも繋がっていくと思われます。